がむしゃらに 勝手気ままな575

なんとなく、気になった事を調べてみました。

※※海外総合モール【バングット】※※ Banggood.comは100カ国以上から利用され、 商品数は10万種類以上あります。 1日100万人以上が利用している総合モールです。 格安スマホをはじめ、豊富な商品を揃えて、 毎日お得なセールを開催してます!! スキマ

ある日

ディフィンドフューチャー

今日の一句

f:id:yoshi2000000:20180925100756j:plain

 

永遠を

愛しく 想う

夏の空

夕立の後。。

虹がかかった。

それは、ひと時のことだけれど空を彩った。

いつもそこにある空は、ちょっとだけ、うれしくなった。

夕立が、プレゼントしてくれた きれいな虹を。

いつまでも、一緒に居たいと思った。

自分自身が、永遠だとすればすべては永遠ではないのかもしれない。

 

 

俳句の歴史

明治

明治中期、正岡子規は、近世以来の月並俳諧を排して、写生を作句の根本に置き、自己の実感から生ずる新しい詩美を見いだそうとして、俳誌「ホトトギス」を刊行主宰した(1897年)。子規のもとに集まった人々は「日本派」と呼ばれ、俳壇の主流となった。これらの子規の活動は、俳句革新運動と呼ばれている。

しかし子規の死後、日本派は高浜虚子河東碧梧桐の二派に分かれた。虚子は「ホトトギス」を主宰し、伝統的な季題や定型を守る立場をとった。一方の碧梧桐は写生主義をさらに徹底させ、自然観照における個性的な実感を重んじる立場をとった。虚子の俳風は、碧梧桐の勢力に圧倒され気味で、虚子自身も「ホトトギス」も一時は俳句を退き、写生文や小説に力を注いだ。

碧梧桐の門には、大須賀乙字荻原井泉水中塚一碧楼らがあった。乙字は写実を象徴に深めよと説き、「新傾向俳句」の呼び名を生んだ。碧梧桐は、無中心論を唱え、主観的な心理描写を重んじた。この傾向をさらに進めた井泉水は、季語無用論を唱え、さらに非定型の自由律俳句を主張した。放浪の俳人尾崎放哉や、種田山頭火、プロレタリア派の栗林一石路は、井泉水の門である。彼らは新傾向派と呼ばれ、機関誌「層雲」を創刊したが(1911年)、その後あわただしく離合集散を繰り返した[1]

大正

大正の初め、一方の虚子は再び俳壇に戻り、新傾向派と対立して季題・定型を提唱した。虚子ははじめ主情的傾向が強かったが、しだいに客観写生の傾向となった。さらに「花鳥諷詠」を説くなどその句風が変遷したが、常に俳壇の主流を占めた。この派には、村上鬼城飯田蛇笏原石鼎前田普羅らをはじめ、昭和に入っても、高野素十松本たかし山口青邨富安風生川端茅舎らのすぐれた俳人を輩出した[1]

昭和

ホトトギス派の保守的な作風に対して、同派の水原秋桜子は、主観的叙情を重んじる立場から、新たに「馬酔木」を創刊した(1928年)。同じく山口誓子も新時代感覚による主知的構成を唱えてこれに同調した。こういう新興俳句運動に呼応して、吉岡禅寺洞の無季俳句や、日野草城モダニズム俳句などの俳句革新の動きが起こった。

昭和十年代に入ると、新興俳句の主張は素材論にすぎないとし、俳句は「我はいかに生きるか」という意識を深めるべきものとする「人間探求派」というべき主張が起こった。中村草田男加藤楸邨石田波郷らである。

また大正から昭和にかけて、女性俳人の進出が目立った。杉田久女三橋鷹女中村汀女星野立子橋本多佳子石橋秀野らがいる。

敗戦後は桑原武夫の『第二芸術ー現代俳句について』(1946)によって、短詩型である俳句の限界が指摘された。それを契機に、伝統俳句と新興俳句とが積極的に交流し、新しい俳句についての省察が深まった。総合誌「俳句」が創刊(1952)されたことも、流派を越えた活動のために役立った。

1947年(昭和22年)には吉岡禅寺洞らを中心に口語俳句運動が起こった。翌48年には、山口誓子の「天狼」が、新鮮酷烈な俳句精神の発揮を目標として「根源俳句」説を提唱した。西東三鬼平畑静塔秋元不死男らがこれに参加した。また1953年(昭和28年)には、俳句の中に社会的人間を発表しようとする「社会性俳句」論が起こった。これらの論争は、その後長く続いた。

安保闘争の前後は前衛俳句が盛んになった。金子兜太の「造型俳句論」「意識の造型」などが話題とされた。これに対して、「叙情の回復」を叫ぶ「リアリズム俳句」「季題論」も起こった。前衛俳句は、全共闘運動の鎮静した70年代には急速に沈潜していった[1]

現代

俳句という最短詩型のはらむ可能性が、さまざまな立場や切り口からさぐられている。伝統と前衛、個と社会、諷詠と造形、詩と生活など、俳壇の動向は一言で尽くし難い。流派・傾向にかかわりなく、現代の俳壇で活躍している俳人には、森澄雄石原八束三橋敏雄藤田湘子鷹羽狩行上田五千石、和田悟郎、川崎展宏夏石番矢佐藤鬼房飯田龍太田島和生石寒太長谷川櫂らがある。

なお、女性の進出はめざましい。戦後すぐに、細見綾子、野沢節子、桂信子らが登場して以来、津田清子、稲畑汀子中村苑子鷲谷七菜子岡本眸、熊谷愛子、黒田杏子などがいる[1]

また、現代の俳人結社に所属している者が多い。結社に関しては俳句結社・結社誌の一覧を参照する。現在では、黒田杏子主宰の藍生あおい石寒太主宰の炎環えんかん金子兜太主宰の海程かいてい田島和生主宰のきじ中原道夫主宰の銀化ぎんか長谷川櫂主宰(2011年からは大谷至弘主宰)の古志こし小澤實主宰のさわ小川軽舟主宰のたか有馬朗人主宰の天為てんいなどの活動がある。俳句甲子園などの取り組みもあるが、一般的には俳句人口は老齢化し減少が続いている

 

引用:俳句 - Wikipedia

最近は、テレビでも俳句や川柳でも多くなってきていますね。

僕も始めたばかりで、とりあえずは想ったことや感じたことをそのまま出来るだけたくさん 575 や 57577 のリズムで残したいと思っています!

なかなか、感動が人に伝わらないとは思いますが空いた時間に読んでいただけたら幸いです。。。。。