がむしゃらに 勝手気ままな575

なんとなく、気になった事を調べてみました。

※※海外総合モール【バングット】※※ Banggood.comは100カ国以上から利用され、 商品数は10万種類以上あります。 1日100万人以上が利用している総合モールです。 格安スマホをはじめ、豊富な商品を揃えて、 毎日お得なセールを開催してます!! スキマ

無力

ディフィンドフューチャー

今日の一句

 

f:id:yoshi2000000:20180924210905j:plain

 

 

年輪を刻んだはずが

方向を示せず迷う

町の片隅

なかなか難しい世の中。。

時代の移り変わりに、あっけに取られ自分自身の無力さに打ちのめされる。

何もしなくても歳だけは重ねていく。

切り倒されれば、歳すらも重ねることは許されない。。

 

「俳句とは何か」という、本質的問いに対する答えは多数存在する。

山本健吉
俳句評論家の山本健吉はエッセイ「挨拶と滑稽」のなかで、俳句の本質として3ヶ条をあげている。これが有名な「俳句は滑稽なり。俳句は挨拶なり。俳句は即興なり」である。
松根東洋城
松根東洋城は俳句について大正天皇から問われた1914年、「渋柿のごときものにては候へど」の句を奉答したという。「渋柿のごときもの」、これはたしかに俳句の本質の一面といえよう。松根は、この句にちなんで主宰誌を「渋柿」と命名した。
他、著名な俳人
俳句は「寄物陳思」の詩とも言われる。「万葉集」にある「物に寄せて思いを陳(の)べる」の意である。

(出典:安東次男・飯田龍太編「俳句の本・俳諧と俳句」筑摩書房、村山古郷・山下一海編「俳句用語の基礎知識」角川選書、「証言・昭和の俳句」角川書店

桑原武夫
フランス文学研究者・桑原武夫はエッセイの「第二芸術」にて(雑誌「世界」1946年)「俳句というものは同好者だけが特殊世界を作りその中で楽しむ芸事。大家と素人の区別もつかぬ第二芸術に過ぎない」と糾弾している。

 

引用:俳句 - Wikipedia

 

 俳句の本質。。。いつか見えてくるといいなー

575 深いですねー